島田防災テック

防火対象物定期点検をさらに詳しく知りたい方


6.特例認定について


認定の要件

消防長又は消防署長は、検査の結果、消防法令の遵守状況が優良な場合、点検・報告の義務を免除する防火対象物として認定します。
消防機関は消防法令に定められている次のような要件に該当するかを検査します。

(以下の要件はその一部です。)
・ 管理を開始してから3年以上経過していること。
・ 過去3年以内に消防法令違反をしたことによる命令を受けていないこと。
・ 防火管理者の選任及び消防計画の作成の届出がされていること。
・ 消火訓練及び避難訓練を年2回以上実施し、予め消防機関に通報していること。
・ 消防用設備等点検報告がされていること。
・ 危険物 許可申請や指定可燃物・少量危険物・液化石油ガスなどに関する各種の届出等が確実に関係官庁に提出されていること。


認定の失効

認定を受けてから3年が経過したとき ※失効前に認定を受けることにより継続できます。
防火対象物の管理について権原を有する者が変わったとき


認定の取消し

消防法令違反が発覚した場合、消防機関から認定を取り消されます。


特例認定の表示(法第8条の2の3)

・ 建物の全ての部分が3年間継続して認定を受けている場合は「防火優良認定証」を付することができます。
・ 表示は、見やすいところに付されることにより、利用者に消防法令を遵守していることを情報提供するものです。

島田防災テック



島田防災テック

1.概要
2.点検報告を必要とする防火対象物
3.点検報告の流れ
4.資格者による点検
5.点検項目
6.特例認定について
7.罰則