島田防災テック

防火対象物定期点検をさらに詳しく知りたい方


2.点検報告を必要とする防火対象物


表1の用途に使われている部分のある防火対象物では、表2の条件に応じて防火対象物全体で点検・報告が義務となります。

<表1>
 
用途
 1 1. 劇場、映画館、演芸場又は観覧場
2. 公会堂又は集会場
 2 1. キャバレー、カフェー、ナイトクラブその他これらに類するもの
2. 遊技場又はダンスホール
3. 風俗営業等の規制及び義務の適正化に関する法律第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業を営む店舗(表1-1、4、5、7に該当する用途に供されているものを除く。)その他これに類するものとして消防法施行規則第5条第1項に定めるもの(ファッションマッサージ、テレクラなど)
 3 1. 待合、料理店その他これらに類するもの
2. 飲食店
 4 百貨店、マーケットその他の物品販売業を営む店舗又は展示場
 5 旅館、ホテル、宿泊所その他これらに類するもの
 6 1. 病院、診察所又は助産所
2. 老人福祉施設、有料老人ホーム、介護老人保健施設、救護施設、更正施設、児童福祉施設(母子生活支援施設及び児童厚生施設を除く。)身体障害者更正援護施設(身体障害者を収容するものに限る。)、知的障害者援護施設又は精神障害者社会復帰施設
3. 幼稚園、盲学校、聾学校又は養護学校
 7 公衆浴場のうち、蒸気浴場、熱気浴場その他これらに類するもの
 8 複合用途防火対象物のうち、その一部が表1の1から7に該当する用途に供されているもの。
 9 地下街

<表2>
防火対象物
全体の収容人員
点検報告義務の有無
30人未満 点検報告する義務はありません
30人以上
300人未満※
次の1及び2の条件に該当する場合は点検報告が義務となります。
1.特定用途(表1の1から7に該当する用途のこと)が3階以上の階又は地階に存するもの
2.階段が1つのもの(屋外に設けられた階段等であれば免除)
300人以上 すべて点検報告する義務があります。

葛城総研コンサルティング



島田防災テック

1.概要
2.点検報告を必要とする防火対象物
3.点検報告の流れ
4.資格者による点検
5.点検項目
6.特例認定について
7.罰則